ミノキシジルタブレット

ミノキシジルと血行促進系薬は相性が悪い

    

ミノキシジル、という薬は薄毛治療にも使われる薬として有名になってきていますね。確かな効果、高い発毛力などで薄毛治療には欠かせない薬となっているのですが、ミノキシジルも服用する際には飲み合わせなどに注意しないと重篤な症状を引き起こしてしまう危険性があるんです。

■飲み合わせに気をつけないとどうなるか
飲み合わせを考えて服用しないとどうなるか、ということですがミノキシジルと言うのは元々薄毛治療として使われる前は血圧の薬として血管拡張剤の用途で使われていたんですね。だから、飲み合わせの相性の悪さに関しても血管拡張剤と同じような性質を持っています。

飲み合わせの悪い薬同士をかけ合わせると、血圧が下がりすぎてしまったりして、命に関わる症状になることさえある危険な副作用を増幅させてしまうこともあるんです。

■どんな物と合わせて気をつけるか
まず、血行促進系の薬とは組み合わせてはいけません。ミノキシジルの血管拡張作用と相互に作用しあってしまい、あまりにも血行が良くなりすぎてしまうんですね。血圧を一気に下げてしまうと、低血圧症になってしまったりするということもあります。

血圧というのは上がりすぎても体に悪いのですが、下がりすぎても体に良くないので血行を促進させるような薬を使っている人は必ず医師に相談をしてから服用するようにしましょう。

■血行とミノキシジル
ミノキシジル、というのは血行を良くする事で頭皮に栄養をスムーズに行き渡らせるというメカニズムで使われる物なんですね。だから、血行を良くすればよくするほどいい、という風に思いがちなのですが過ぎたるはなお…と言うことわざがあるようにやりすぎてしまうと体に却って悪いのです。